News

HOME > お知らせ > 建設業ではインボイス制度をどう考えるべき?

建設業ではインボイス制度をどう考えるべき?

2021-09-30

 

2023年10月1日にインボイス制度が施工されます!
これまで1人親方をして働いてきた事業者にとってはとても大きな変更。

この制度が施工されたことを機にインボイス制度を知っておきましょう!

インボイス制度とは?
消費税が複数税率なったことにより制定された、新しい仕入税額控除の方式。

<売手側>
売手である登録事業者は、買手である取引相手(課税事業者)から求められたときは、インボイスを交付しなければなりません(また、交付したインボイスの写しを保存しておく必要があります)。
<買手側>
買手は仕入税額控除の適用を受けるために、原則として、取引相手(売手)である登録事業者から交付を受けたインボイス(※)の保存等が必要となります。

引用元

 

インボイス制度は一人親方にとっていったいどんな影響があるのかというと…

〇取引がなくなる可能性がある
〇請求書が難しくなる
〇消費税を支払う必要が出てくる

などの影響があります。

引用元

そのため、1人親方は、適格請求書発行事業者になり、消費税を収めることが大事になってきます。売り上げを増やして適格請求書発行事業者になることが一番の解決策なのかもしれません。

Copyright©長浜機設. All Rights Reserved.