HOME > 誇れる人財 > 宮内浩幸

宮内浩幸

宮内

技術を習得する楽しさと技術を伝える喜び

土木部 主任 宮内 浩幸

役 職 土木部 主任
職歴 30年
18才 見習い職人
30歳 自営・就職
48歳 土木部主任

【これまでのキャリアパス】職人としての道を全うする

私は18歳の頃から様々な職種の建設関係の仕事をしてきました。体を動かす仕事が好きで建設業界に入りましたが、一昔前の建設業界は慣習も今とは少し違い、縦社会、会社間の付き合い等、気を使う事が多く、人間関係に悩むことも少なくありませんでした。色々とチャレンジして行こうと考え、独立した事もありますが職人としての動きと経営者としての動きには様々な差があり、職人として生きる道を選びました。建設業界に身を置き学んだ技術としては各種足場、鉄骨、橋梁、等高所作業を多く学んできました。

【現在の仕事の魅力】技術を習得する楽しさ

弊社では一つの工種に限定する事なく、土木工事において必要な仮設工事からコンクリート構造物工事まで一連の流れで勉強する事が出来ます。現場施工の仕事は気象条件や現場条件で一つとして同じものが無く、土木の工法設計施工指針などに書かれている教科書通りの事では、乗り越えられない様な事が幾つも起こります。実際に仮設段階から職人として携わったからこそ初めて体験し、理解し自分の技術で乗り越える事が出来ます。間違いの無い品質を保ち、工種の境を超え携わる事で初めて理解し、その事がきっかけで新しい技術につながる事も多い事は現在の仕事の魅力の一つです。

【建設業に興味を持つ若者へのメッセージ】技術を伝える喜び

今、建設業界は若者が不足しています。私も気が付けば年を重ね、今は若い世代に自分の技術を教える事の喜びがわかる様になり、そのことから生き甲斐を感じる事も多いです。まだ建設業に携わって居ない人も、これから携わる人も、自分の現在の能力をより引き出せる環境で仕事をする事はとても重要な事だと思います。若い間に身に付け自分のモノにする事が自分の財産となっていきますので手に職を付けたい人々にこれからも私の勉強してきた技術を伝えられたら嬉しいです。

Copyright©長浜機設. All Rights Reserved.