HOME > 誇れる人財 > 一ノ瀬隼人

一ノ瀬隼人

一ノ瀬

家族を安心させ 生き甲斐のある毎日を

工事部 係長 一ノ瀬 隼人

役 職 工事部 係長
職歴 23年
16歳 見習い・職人
35歳 妻の出産を機に転職
39歳 工事部係長

【これまでのキャリアパス】出産で福利厚生の大切さに直面

私は16歳の時から、色々な建設現場で内装工や道路舗装工、土工等を経験して来ました。21歳の時に鉄骨鳶の会社に入社し鉄骨建方、立駐建方、機械据付、金物工事、熊本地震の復興工事にも携わりました。その段階で必要な玉掛、アーク溶接、鉄骨組立作業主任者などは取得していましたが、当時の会社では福利厚生等が整備されておらず、家族にも不安を持たせたまま仕事をしていましたが出産を機に一家の大黒柱としての責任を自覚し、安心して仕事が出来る体制が整っている現在の会社に現在の建設業界では福利厚生はまだまだ整えられていない会社が多いですが、家族が安心して送り出してくれる環境は本当に大切だと実感する毎日です。

【現在の仕事の魅力】資格を取得し、未来へ向けてキャリアアップ

現在は係長として現場を任され、日々努力していますがまだまだしっかりとした技術を身に付け、後輩から安心して頼られるような現場管理者となり、人材育成に励む毎日です。当社は法面工、足場鳶、鍛冶工など様々な分野に渡って技術を習得できる環境があります。私自身も過去に習得した技術を生かし、同僚と技術を磨き合う毎日を送っています。資格の取得に関しても全面的に会社からのサポートがあり、自分自身のキャリアアップも十分出来る環境です。

【建設業に興味を持つ若者へのメッセージ】生き甲斐を持てる仕事

建設業は楽な仕事では無い様なイメージを持たれている若い方も沢山居る事と思いますが、現在の建設業界は働き方改革などの取り組みもあり、労働者が働きやすい環境へと変化しています。建設業では多くの人々が協力し合い、1つの構造物を造る事により、高い達成感を感じる事が出来る仕事です。やり甲斐、生き甲斐を感じる事の出来る建設業はとても魅力に満ちた仕事だと思います。まだ見ぬ新しい時代を切り開く仲間との出会いを楽しみにしています。

Copyright©長浜機設. All Rights Reserved.